行政書士の学習期間は長い|確実に知識を詰め込む方法

資格が必要な仕事

先生と子供

保育所で働きたい

保育士不足が叫ばれて久しいですが、社会問題になった待遇の改善もあり、保育士を志望する人は昔よりも増えています。昔は女性の職業というイメージでしたが、最近は男性の保育士も増えています。現場では力仕事もあるので、男性は重宝されます。そして保育士になるためには、複数の手段があります。まずは、短大や大学に通って必要な講義を履修して資格を取得することです。高校生のうちから将来を決めているのなら、それ専門の学校に進学すれば、最短コースで資格を取得することが可能です。資格を取得する前に学校を卒業してしまったという人は、国家試験に合格するか大学や短大に編入などで入学して単位を取得すれば大丈夫です。ここで気を付けるべきは、試験の難しさです。保育士不足が叫ばれていると言っても、仕事の大切さを考えると、誰でも合格させるわけにはいきません。実際、試験の合格率はそれほど高くありません。予備校などの専門塾に通ってしっかり勉強をすることが必要です。保育士は資格が必要ですが、大学卒業が必須ではありません。実際、保育所の現場では短大卒や専門学校卒の先生がたくさん働いており、大学を出ている先生はむしろ少数派です。保育士の待遇は昔よりも改善されつつありますが、現場ではまだまだ先生が足りなくて困っている保育所がほとんどです。過去に資格を取得したものの現場を離れている人も含め、志のある保育士が増えることを世の中は求めています。